初めてでもできるDTMについて

DTMという言葉が聞かれるようになりましたが、これは音楽用語のデスク・トップ・ミュージックの略語でパソコンを利用して音楽を制作したり編集を行うことを言います。一種の和製英語であり海外ではむしろコンピュータ・ミュージックと呼ばれる場合が多いものです。ギターやキーボードなどの楽器がなくとも、又、ドラムなどを叩いた経験が無くとも音楽の作曲を行ったり、それを編曲することも出来ます。これにはDAWつまりデスクトップ・オーディオ・ワークステーションと呼ばれる音楽専用のソフトを利用してMIDIキーボードをつないだり、パソコン用のキーボードを利用したり、あるいはマウスを操作して音符を打ち込んで行くことで曲を完成することが出来ます。もちろん楽器が弾ける場合はこれらの楽器を演奏して録音して行くことも出来ます。

時代とともに音楽環境も変わって行きます

市販されているDAWソフトは種類も豊富で価格帯も巾があり、定期的に機能が追加されてバージョンアップが行われて行きます。よってそのソフトに合ったパソコンのスペックやパーツが必要になる場合もあり年月とともに高機能化される傾向が見られます。ソフトをインストールすると、設定項目に進んで環境設定を行います。あとは初心者の場合は初心者なりの易しい機能を利用することから音楽作りを行うことが出来ます。DTMを始めるにはまずはドラムスやベース、ギター、キーボード、シンセなどの楽器の配置を決めます。そこへ楽器ごとにリズムパターンやキーごとのメロディー・音質などのループ素材を楽器ごとにタイムライン上に貼りつけて行きます。進め方によっては小節設定や拍子、速度なども設定します。同じ素材を使う場合にはコピーやペーストできるのはパソコンで共通の機能となります。

最終的には目的のファイル形式で書き出しを行います

DTMでは何回も繰り返して聴きながらおかしいところは訂正などして行きます。そしてフェードインやフェードアウト、そしてミキサー機能もついていますからこれらの機能を使い、さらにイコライザーやエフェクト、音を圧縮するコンプレッサーや響きの調整を行うリバーブなどで調整を行って総仕上げとしてマスタリングを行います。奥深いものが用意されていますが、最初は使用したい楽器を何種類か選び、ロックやヒップホップ、ラテン、癒し音楽等のジャンルを選ぶだけで自動的に作曲を行ってくれる機能の付いたものもあります。気に入るものが制作できるまで何回もやり直せるものがありこれでできた曲を自分で部分的に変更を加えて1曲作ってみるということも出来ます。そして最後に書き出しを行います。作曲のし方にはメロディから作る場合と、コードからメドディを作る方法があり、さらにそこから編曲まで進めて行くことも出来ます。